MENU

アラキドン酸・市販薬の種類

アラキドン酸・市販薬の種類

アラキドン酸(ARA)サプリメントは、健康維持や老化防止・記憶力アップ、ウツ改善を期待する商品で、アラキドン酸だけでなく他の栄養素とのコラボ製品がほとんどです。

例えば、ARA・DHA・EPAの3つを配合したサプリメントがあります。また、ミドリムシ(ユーグレナ・東大のベンチャー)をベースにしたサプリメントは、ARAの他に不飽和脂肪酸やビタミン、ミネラル、アミノ酸など60種類弱の栄養成分を含んでいます。鯉油(鯉を日本酒で煮詰めたエキス)・ARAの組み合わせ、コエンザイムQ10・ARA・リノール酸を加えたサプリメントもありました。

変わったところでは、ペット用サプリメントとして、アルファピネン(みょうが由来の精油)とDHA・EPA・ARAの入った製品と他に、DHA・ARA入りの製品があり、高齢のペット用に売られていました。

異色なのが、トレーニング用サプリメント(米国製)です。中級から上級のボディビルダーが、筋肉をつけるためのトレーニングを欠かさず行っていても、ある期間たつと、それ以上トレーニングの成果を実感できない、停滞期が訪れることがあります。トレーニングによる筋肉の炎症以上の炎症効果を、サプリメントが誘発したとしたら、停滞期を打破できるかもしれない、というコンセプトです。通常サプリメントの1回量250mgとは違い、効果的な量として推奨しているのが1日1.5gを勧めており、冒険的です。 体の不調やケガの時は、使用を中止しましょう。